プロテインの種類

タンパク質を主成分としたプロテインは、女性にもおすすめの健康補助食品です。牛乳、大豆など、どんな食品のタンパク質を原料にしているかによって、プロテインの種類や特徴に違いがあります。「ホエイプロテイン」は、プロテインの王様とも呼ばれているもので、BCAAを多く含み、体への吸収が速いことが大きな特徴です。ホエイは乳清ともいわれるもので、牛乳に含まれているタンパク質の20%程度を占めるものです。加工処理の仕方によって、いくつかの種類があり、WPCは、最も一般的で安価なタイプで、免疫力の向上や肌荒れを防止、疲労やストレスの解消も期待できると言われています。WPIは、WPCと比較すると不純物が少ない分タンパク質の含有量が多いものとなっていますが、他の栄養素が添加されることが多いため、メーカーによって成分比率や含有量を確認する方がいいでしょう。

「ガゼインプロテイン」も牛乳を原料としているものですが、ホエイを除いた80%を占めるタンパク質を利用してつくられています。ホットミルクを飲む際に、カップの表面に薄い膜が張ることがありますが、この部分がガゼインプロテインです。穏やかに体に吸収されるため、トレーニング直後に摂取しても、余分なものが脂肪となって蓄積することを防ぐことができ、継続的に少しずつ筋肉に栄養を送り続けるため、筋肉を徐々に発達させる効果が高いものです。整腸作用や鉄分の吸収を高める効果などが期待されるため、女性の美容にもピッタリと言えます。

Previous

Next